« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日

「閲覧」という表現

Webページの情報を入手することを表すには、一般的に「閲覧」が使われるが、どうもこの言い方は違和感を覚える。

えつ‐らん【閲覧】
[名]スル書物・新聞・書類などの内容を調べながら読むこと。

普通の人にとっては閲覧で間違いないが、目に障害を持つ人にとってはどうだろうか。目が見えなければ音声ブラウザを使うしかないので、情報は耳で聞いて入手することになる。これは閲覧とは言わない。

だから、閲覧ではなく、別の表現を使ったほうがいいと思う。自分は「視聴」しか思いつかなかったが、もっと適当なものがありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日

アクセス解析復活

なぜか、ログファイル全消しで直った。というか1ヶ月も止まっていたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日

目には目を、歯には歯を

「情けは人のためならず」の誤用は有名だけど、「目には目を、歯には歯を」の意味を間違って解釈している人も多そうな気がする。「やられたらやり返せ」ではなく、「必要以上の報復はいけない」が正しい意味。

――と、某ポケモンサイトを見ていて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日

今日Wii発売!!!

日本ではまだだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日

オンラインブックマークも自由

所謂「無断リンク禁止」の類。無断リンクされるのが嫌だというのはまだ分かるんですが、非公開のオンラインブックマークもだめだというのはなぜだろうと思って読み進めてみるとこんな記述が。

Yahooなどのポータルサイトの検は、ロボット検索と呼ばれるWebページ情報をあつめてくる巡回ソフトでサイトを検索します。 検索避けのタグは、このロボットに「情報をあつめないでくれ、もっていかないでくれ」というサインです。 それにより、検索エンジンに引っかからなくなります。 ただ、オンラインブックマークに登録されると、サーバーにホームページの情報(URL)がはいってしまい、検索対象にはいる可能性があります。 なぜなら、オンラインブックマークの多くは検索避けをされていないからです。 こういった検索エンジンのシステムがあるので、非公開型でも、オンラインブックマークは検索除けを無効にしてしまう恐れがあります。

確かにオンラインブックマークされると被リンク数が増えて検索に上位で表示されるでしょうが、いくらブックマークされてもmeta要素や.htaccessの指定は無視されません。だから、非公開・公開に関らず、オンラインブックマークで検索対象にはいることはありません。

また、同人サイトに検索除けが必要な理由の一つに著作権法に違反するということがありますが、この人は「ばれなければやってもいい」とでも考えているのでしょうか。だとするとかなり危険。というか、前にも書いたけど、この辺の問題は黙認ではなく公式見解を示してほしい。違法サイトを公開している自分の願望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日

そもそも仮閉鎖という言葉自体怪しい

最近本家サイトの更新が滞っているわけですが、こういうときは「受験勉強で多忙のためしばらく仮閉鎖します」というのが一般的なのかなぁ。

ちなみに、更新が止まっている理由は受験勉強が忙しいのではなくて飽きたからです。FTP面倒。しかもパソコンをする時間は部活を引退した所為もあって増えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日

ふと思ったこと

まだ勧告されていないCSS3を使うことと、今は正しくないが将来的に使用が認められそうなら抜き言葉を使うことは同じことなんじゃないかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日

Firefox 2 にインストールする3個の拡張機能

All-in-One Gestures
マウスジェスチャができるようになる拡張。なんとなく。
cmSiteNavigation Toolbar
Link要素によるナビゲーションが表示される。Operaに搭載されているのより高機能で便利。
Html Validator
サイト作成者にとっては必須だと思う。lintに通す手間が省けます。

とりあえずこの3つが必須(Firefoxはサブで使っているのでどうしても偏ったものになってしまう^^;)。これ以外に入れているものは下の通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »